ゴールドカードのメリット・デメリットを紹介

ゴールドカードの限度額

ゴールドカードの限度額は一体どれくらいなのでしょうか?
これからゴールドカードをもとうかと考えている人にとっては、限度額が気になる人もいるでしょう。
限度額は色々とあります。

クレジットカードの限度額は、カードによっても違っています。
ゴールドカードの限度額はそれぞれのカード会社によって仕組みも違いますが、個人によっても年収などが限度額に影響しますからそれが左右します。

一般的に、普通のクレジットカードは人にもよりますが、だいたい20万円から50万円くらいが、限度額です。
長期間使っていて、信頼があるという人は100万円くらいあることもありますが、一般的にはゴールドカードは50万円から100万円くらいが限度額とされているのです。
場合によっては200万円くらいになっていることもあるでしょう。

クレジットカードのゴールドカードの限度額は人によっても違いますし、カードを持っている期間によっても限度額は左右されます。

年収や返済能力なども関連してきますから、もし他社で借り入れをしていたりしている人は、もしかすると限度額が下げられる可能性もありますし、ゴールドカードを作ることすらできないこともありますから十分に気をつけたほうがいいでしょう。