ゴールドカードのメリット・デメリットを紹介

ゴールドカードの知識

ゴールドカードとは?

ゴールドカードとは?

ゴールドカードとはなんだかご存知でしょうか?

ゴールドカードはクレジットカードの種類の一つですが、普通のカードよりも格付けは上に当たります。

一般的にゴールドカードというと、スタンダードカーとに一定のサービスが宇和のせられていて、年会費なども、かなり高くて、1万円以上はしているカードのことを言います。

カードの色もその名の通り金色のカードであることが多いのが特徴です。

ゴールドカードの特徴は金色に輝くカードですが、発行会社がゴールドと決めているカード、それがゴールドカードなのです。

金色をしていてもゴールドという格付けではないカードもあるので注意しましょう。

ゴールドカードであるかどうかは、カードの色がゴールドで、発行会社がゴールドと決めているもので、年会費が1万円以上、そして空港のラウンジが無料などの付帯サービスなどがついていることがゴールドカードという認識になります。

ゴールドカードは今挙げたような条件が二つ以上当てはまっているものがゴールドカードという認識になるでしょう。

ゴールドカードは様々な特典が受けられるだけでなく、持っているだけでステイタスを感じるカードです。

クレジットカードを持つなら大人ならいつかは持ちたいカードです。

【PR】
岡山 原付処分で困ったらご依頼下さい。
ただ、クレジットカードは使えないかもしれません...。

カードには知識が必要ですよ

ゴールドカードは持つだけメリットが沢山あるといわれていますが、正しくメリット・デメリットを把握しておくだけでも利息が違ったりします。
会費は1万円を余裕で越えるケースも多いので、ただ契約しているだけではもったいないですよね。

限度額や審査の基準、空港のラウンジサービスなどを知っておくことで、ゴールドカードのメリットを100%活かすことが出来ます。

返済額に関しても、年収や返済能力なども関連してきますから、もし他社で借り入れをしていたりしている人は、もしかすると限度額が下げられる可能性もありますし、ゴールドカードを作ることすらできないこともありますから十分に気をつけたほうがいいでしょう。